引き出物の始まりは結婚披露宴で出された料理の一部を折詰などにして配ることから始まりました。結婚式などのお祝い事などは、タブーとされることも多いために間違った品を選ばないためにも知識を身につけましょう。

結婚式場のプランによっては引き出物が含まれない事も

ホテルやゲストハウスなどいろんな結婚式場が提供しているプランは一つだけではなくて複数のプランの中から価格に応じて内容も異なり、顧客は自由に選択できる様になっている場合も多い様ですね。

しかし、すべてに同じ内容が含まれていて、ただグレードが違うだけではありません。安いプランになると引き出物や写真などのサービスが含まれていない事もある様です。

気になる結婚式場を見つけたらそれぞれのプラン内容はどんなサービスが含まれているのかを細かく確認したいですね。

引き出物や写真などを別途利用すると、更に多額の費用が必要になってくるという事も考えられます。

必要なサービスがすべて含まれているか調べたいですね。

目上の人に届ける引き出物

贈り分けをする機会は多いと思われますが、目上の人に届ける引き出物は、特に力を入れて選びたい所です。目上の人に届ける引き出物は、失礼になっていないか、がっかりさせてしまっている事がないかどうか考える様にしましょう。

特に会社の上司に引き出物を贈る際には、どんな物が好きであるのかという事まで把握できていない事もあるかと思われます。特に自分と年齢がかなり違う場合などであれば、引き出物の好みなども分かりにくい事も多いと思われます。

その様な場合には、上司に贈る引き出物としてよく選ばれている物の中から選んで決めるのもいいでしょう。とにかく、プラスを狙うよりマイナスイメージにならない様に注意した方がいい場合もあるでしょう。

物ではなくサービスを贈る引き出物

よく結婚式のゲストとして呼ばれるのであまり物は引き出物としてもらっても嬉しくないという人もいるでしょう。また、引き出物は置き場所や保管に困るという人もいる様です。その様なゲストの希望が事前に把握できている場合には、物ではなくてサービスを引き出物として贈るのはどうでしょうか。

どうやって引き出物でサービスをプレゼントするのかと言えば、体験型のカタログギフトを利用する事によって、簡単に行う事ができます。また、引き出物でカタログギフトを贈る事によって、ゲスト自身が体験したいサービスを自分で選ぶ事ができます。エステやクルーズなど普段楽しめない事を多いに満喫するのもいいでしょう。

結婚式から逆算して引き出物を決定

どうしても結婚式が近づくとバタバタとしてしまいがちです。しかし、引き出物はいい加減に決定する事ができないほど大事な物です。結婚式から逆算して引き出物を決定するといいでしょう。

いつまでに結婚式の引き出物を決定しないといけないのかという事を把握できている場合には、余裕を持って早くから準備をする事ができるでしょう。結婚式では決定事項が多いのですが、引き出物は決定が遅れる事はできません。

結婚式の引き出物となれば、同じ物がたくさん必要になる事もあります。そのため、在庫があるかどうかという事が大事になります。前日になってから、変更するなどという事はこの理由により不可となっています。

引き出物の知識に関するコラム

ページトップへ戻る