引き出物の始まりは結婚披露宴で出された料理の一部を折詰などにして配ることから始まりました。結婚式などのお祝い事などは、タブーとされることも多いために間違った品を選ばないためにも知識を身につけましょう。

贈呈花として使われるプリザーブドフラワー

挙式の一場面として、両親に贈呈花をプレゼントするシーンというのは定番ではないでしょうか。

その際に、これまで自分達を育ててくれてありがとうという気持ちを込めて花を贈る事が多い様ですが、そんな祝い事で贈られた花というのはとっておきたいですね。
その花を見ると、幸せ一杯の挙式を思い出す事でしょう。

プリザーブドフラワーとして加工が行われている花を使用すると、すぐに枯れる事はないので、家に持ち帰った後も数年ほどは飾っておける様です。

すぐに枯れてなくなってしまうのは、あまりにももったいないですね。せっかく挙式の大事な場面に使用するのであれば、プリザーブドフラワーを利用してはどうでしょう。

配達してもらうと便利なプリザーブドフラワー

たくさんの種類のプリザーブドフラワーがお花屋さんに並んでいるときっとどれにしようかとわくわくしながら商品を選ぶ事ができるでしょう。

しかし、プリザーブドフラワーを購入すると持ち帰る際に、荷物となって困る事もあるみたいです。そこで利用したいのが自宅まで配達してくれるサービスです。

花屋屋さんから届けてもらう事ができる場合もあります。
また、ネット通販を通して購入すると自宅や届け先に配達してもらう事ができます。

繊細な物ですので、どこかにぶつけてしまう事などがない様にしたいですね。破損の原因になるとも考えられますので、普通の花よりも扱いやすい様ですが繊細な物である事に違いはありません。

婚約指輪・プリザーブドフラワー情報に関するコラム

ページトップへ戻る