引き出物の始まりは結婚披露宴で出された料理の一部を折詰などにして配ることから始まりました。結婚式などのお祝い事などは、タブーとされることも多いために間違った品を選ばないためにも知識を身につけましょう。

婚約指輪を買わないという選択肢

今では当たり前の様に交換するマリッジリングの存在については知らない人はいないと言っても過言ではないでしょう。しかし、婚約指輪というのは、ジュエリーなどに興味がない人であれば、知らない人もいるみたいです。

また、買っても買わなくてもいいので、自分達の意思で自由に決定する事ができます。

婚約指輪を買わないという選択肢を選ぶ人もいます。普段から特に指輪をはめたりする事がない人であれば、マリッジリングさえあればそれで十分だという人もいる様ですね。

また、マリッジリングすら購入しないという人までいる様です。

結婚するまでのタイミングで購入しますので、買うチャンスというのは多くはないでしょう。

作り変える事ができる婚約指輪

何十年もずっと同じ婚約指輪を身に付けていると、途中でデザインに飽きてしまう事もあります。次第に新鮮な感じもなくなってくる事でしょう。
その時には、可能な範囲で作り変える事もできます。

できるだけ厚みがあり、太い物の方が作り変えやすい様ですね。

例えば、表面の加工を変更したり、後で宝石をセットしたりする事もある様ですね。でも、すでに完成している婚約指輪に加工する事になりますので、完全に別のデザインに作り変えるというのはできない事もあります。

新しい物が欲しいと思うかもしれませんが、全く別の物を購入するというのではなくて、自分が使っている物に手を加えてアレンジする事もできます。

婚約指輪・プリザーブドフラワー情報に関するコラム

ページトップへ戻る