引き出物の始まりは結婚披露宴で出された料理の一部を折詰などにして配ることから始まりました。結婚式などのお祝い事などは、タブーとされることも多いために間違った品を選ばないためにも知識を身につけましょう。

引き出物を結婚式場で確認しない

引き出物を渡された場合に、中身を見たいと思っている人が多くなっていますが、結婚式が行われている時に確認しないようにしてください。確認するのはマナー違反となってしまいますし、中身を見たことで後悔したりするのはもっと駄目なことです。

家に帰ってから見るのが普通ですから、勝手に見ないように考えておきましょう。どうしても見たいと思っている場合には、ある程度式が済んでいる状態になってから、こっそりと見られるタイミングを作っておきます。隙間から見るなどの方法によって、中身を見ているような状況を作らないほうが望ましいでしょう。

引き出物で結婚式の良し悪しが決まります

結婚式の最後に参列者に感謝の気持ちを表すのに引き出物を渡します、式の印象を決めると言われている程重要です。趣味趣向がバラバラなゲストがほとんどなので、どのような商品にしたら良いのか迷う新郎新婦も多いです。困ったときにおすすめなのがカタログギフトです。

カタログギフトは、多くの商品の中から自分が欲しいと思った商品を選択することが出来るので、趣味趣向が合わないゲストたちでも満足することが出来ます。カタログギフトが良いのは、かさばらないところで、小さい本となっているので、持って帰りやすく、選んだ商品は家に届けてくれるので手間が省けます。

結婚式と引き出物と持ち込み料

結婚式で以外と費用がかかってくるのが持ち込み料と呼ばれるものです。持ち込み料というのはその式場で発注したものではないアイテムを式場で使用する時に発生する料金で、よく聞くのはドレスや、引き出物です。では一体いくらくらいかかるのかという所が気になりますよね。

ちなみにドレスは1点1万円から5万円かかると言われています。本来であればレンタル料が式場としては発生する予定だったのでそれくらいの費用が持ち込み料として取られてしまうことが多いようです。引き出物ですがこちらは1点300円から500円ですのでかける招待客、300円かける80人だとしても24000円になります。

引き出物は結婚式のかなり前に決める

結婚式から逆算して、引き出物をしっかり準備していく形になります。準備されないようになっていると、大きな問題が生まれることになり、当日までに用意できないものが出てしまいます。

最近は、ギリギリになってから準備できる環境も用意されていますが、それよりもかなり前に準備が完了して、渡せる状態にしていることが望ましいです。かなりギリギリで依頼を出しても、もしかしたら他の準備で忙しい状態となっていて、引き出物を予定日までに作れない可能性もあります。早く対応できるものを考えつつ、余裕を持った依頼を出せることが何よりも大事なことです。

引き出物のことならアールウェディング株式会社

http://www.angelexpress.jp/
福岡事務所
〒804-0031
福岡県北九州市戸畑区東大谷1-4-7
TEL:093-883-2856

引き出物の知識に関するコラム

ページトップへ戻る