引き出物の始まりは結婚披露宴で出された料理の一部を折詰などにして配ることから始まりました。結婚式などのお祝い事などは、タブーとされることも多いために間違った品を選ばないためにも知識を身につけましょう。

引き出物を贈り分ける

ここ数年では、招待客によって引き出物を贈り分けるというのが当たり前の様に結婚式場で行われている様です。しかし、以前は贈り分けは失礼にあたると言われていた事もある様です。失礼にならない様に十分に注意したいですね。

ややこしい場合には結婚式場でスタッフが間違った物を渡してしまうという事も考えられますので、分かりやすくしておく事が必要になってきます。

一人一人全員に違う物を渡すのは大変です。そのため、何種類かに分ける事が一般的の様です。

また、引き出物を入れている袋を違う物にすると贈り分けしている事がすぐに分かってしまいますので、できるだけ同じ袋に入れる様にするといい様です。

たった一つの引き出物

既製品は工場で作られますので、たくさん同じ物がありますが、引き出物として贈るのであれば、たった一つしかない物を選びたいという事もある様です。たった一つの引き出物と言えば、職人さんが手で作った物は、全く同じ物は他に存在しない事もあるでしょう。

もしくは、オリジナルの物を自分達で手作りしたり、自分達の名前を入れた引き出物もあるかと思われます。しかし、たった一つの引き出物に決定する場合には、自分達夫婦の事ばかりではなく、もらった人が本当にうれしいかどうか考えましょう。たった一つの引き出物と言っても、自己満足だけで終わってしまうという事がない様に注意する必要があるかと思われます。

若いカップルが選ぶ引き出物

20代前半の夫婦など若い人が引き出物を選ぶ際には、年配の人とは商品の選び方が異なる場合もある様です。若いカップルが選ぶ引き出物は、デザイン性が高くとにかくおしゃれな物が選ばれる事もある様です。若いカップルが選ぶ引き出物については、あまり堅苦しい事は考えないで、ゲストの事を考えて選ぶ事も多い様です。

また、引き出物を贈るゲストも同級生など若い人が多く来る事が予想されます。把握できている範囲でゲストの好みを考えた上で引き出物を決めるのもいいでしょう。もちろん商品は自分達の希望で決める事ができますので、最終的にこれならきっとゲストに満足してもらえると思える物に決定しましょう。

予算も大事な結婚式の引き出物

商品自体が何であるかという事も、結婚式の引き出物においては大事ですが全体の予算も大事です。結婚式の引き出物は、これだけに注目するのではなくて、お祝儀との兼ね合いもあります。お祝儀をたくさん頂いているのに、結婚式では安い引き出物を贈ってしまうと、失礼になってしまいます。

結婚式の引き出物は一歩間違うと、相手をがっかりさせてしまう恐れもあります。結婚式の引き出物における予算は、注意して商品を選ぶ事によって、誰でも適切な物を選ぶ事ができます。失礼にならない様にするという事が何より重要となります。そして、次にどんなアイテムを選んでいくかという事について考えてはどうでしょうか。

引き出物の知識に関するコラム

ページトップへ戻る