引き出物の始まりは結婚披露宴で出された料理の一部を折詰などにして配ることから始まりました。結婚式などのお祝い事などは、タブーとされることも多いために間違った品を選ばないためにも知識を身につけましょう。

引き出物の今昔

時代を大きく反映するもののひとつとして結婚式があげられます。

バブルの頃などは、演出や料理の素晴らしさや引き出物の豪華さなどを競う傾向があり、実際に来賓の方々の一人単価はかなり高額なものが多く見られました。

バブルが弾けた後は逆に地味婚と言われ、挙式をするとしてもとにかく派手な演出を避け、値段も安くあげて、結婚式の予算を少しでも下げて生活の準備に当てるといったことが目立つようになりました。

最近では、地味婚の時代ほど押さえてはいませんが、派手にとにかく豪華な結婚式というものはないものの、以前と比べると堅実型の結婚式をする人が多いのではないでしょうか。

引き出物や引き菓子などにはこのような流行りはいち早く反映しています。

最近では引き出物はカタログギフトが人気になっています。

これも、間違いの少ない、堅実な引き出物ではないでしょうか。

贈られる相手が欲しいと思うものを、結婚式に来ていただいた人、全ての人にお渡しできる選択のひとつです。

引き出物に選ぶハンガー

意外に感じる事もあるかと思われますが、ハンガーが引き出物として贈られる事もあります。なぜそんな物が引き出物として選ばれるのかという事が気になる人もいるかと思われますが、これには理由があります。

ハンガーには服を掛けますが、幸せの福とかけているそうです。ですので、ハンガーを引き出物として贈ると、縁起が良く贈られた相手もきっと幸せになれるのではないかと思われます。

結婚式では自分達だけが幸せになる事ができればいいというのではなく、引き出物を贈った人も幸せになる物な物を選びたい所です。引き出物を最終的に決定する時には、相手へのいつもありがとうという気持ちが大事だと思われます。

子供がいるゲストに贈る引き出物

すでに結婚しており、子供がいる友人や知人がゲストとして来てくれる事もあるでしょう。そんな時には、家族で使える物を引き出物として贈ると喜んでもらえる事もあります。また、子供向けのグッズを引き出物として選ぶのもいいでしょう。

また、子供向けのグッズを引き出物として選ぶ場合には、子供の年齢に注意しないといけません。子供が大きくなっているのに赤ちゃん向けのグッズを引き出物として送っても使う事はできません。

ですので、子供がいるゲストに贈る引き出物は、子供の年齢まで考慮して選ぶといいでしょう。また、家族がいる場合には、引き出菓子を選ぶなら、大きい物でも分ける事ができますので便利でしょう。

結婚式で贈るキャラの引き出物

何かのキャラが大好きだという人もいますので、結婚式の引き出物としてキャラがデザインされたアイテムを選択する人もいます。また、結婚式で贈るキャラの引き出物はどんなキャラの物がいいかという事を考える必要があります。

また、結婚式ではたくさんの人が来てくれる場合には、すべての人にキャラの引き出物を贈っても、中には使用しにくいと感じる物がある可能性もあります。結婚式の引き出物においては、今では贈り分けを行う事も少なくありません。そのため、キャラを好んでいそうなゲストにだけその様なアイテムを結婚式の引き出物として贈るという方法もあります。そうする事によってみんなに使っていただけるでしょう。

引き出物の知識に関するコラム

ページトップへ戻る